1. 深夜でもお金って借りれるの?

夜中に遊びすぎて、気がついたら生活費が足りなくなっていた…(汗)

なんてことはありがちな話ですよね。

 

そんなときに、

はたして、(深夜0時~3時)にお金を借りることが出来るのか?

 

というと。。。可能です。

 

といっても既に契約をしていたら借りることが出来るという条件付きです。

(※ 新規契約は申し込みは出来ても、相手方が処理できるのは夜が明けてからとなります。)

 

でも深夜にお金を借りようとしても、お店は当然閉まっていますよね。

無人ATMでも深夜0時までという所も多いので、それ以降の時間帯となるとコンビニのATMを使うしか選択肢はありません。

とはいえコンビニチェーンによって手数料がかかるし、24時間いつでも使えるという訳ではないコンビニもあります。

 

勿論どこからお金を借りているか、借りようとしているかによって違ってきますので、詳しくは契約先のホームページを見ることをお薦めします。

 

一方で、新規の借り入れ契約を深夜に…というのは無茶です。

 

そんな便利な貸し手は普通の所ではありません。

(とはいえネットを使った契約審査の申し込み自体は可能です。)

 

ですから最短では、夜が明けて審査から手続きまでという流れになります。

これが新規の借り入れ契約最短コースになります。

 

もしも、深夜に申込をしても即審査しますよ!と唱っているような所があるとすると非常に危ない所かもしれません。

そういう所とは関わりを持たないに限ります。

 

深夜に「お金がない」「生活費がない」となったとしてもすぐに何とかしようとするのではなく日が昇ってから動くのがベターです。

2. 夜中に急にお金が必要になってしまった場合の対処法

急に夜中にお金が必要になった場合でも、キャッシングの契約さえ行っていれば問題なく借りることができます。

手持ちのキャッシングカードで夜中でも営業しているコンビニのATMを利用してください。

 

もしこれといったキャッシング契約を行っていない場合は、その場ですぐにお金を借りるのは難しいです。

24時間いつでもネットから申込みが行える大手キャッシングでも、審査を行っているのは昼間(日中)だけです。

 

したがって夜間に申込みを行うと、借りられるのは最短でも翌朝以降になります。

 

この翌朝以降でも問題がない場合には、すぐにネットを利用して申込みを行いましょう。

 

審査は多くのキャッシング会社で、朝8時 or 朝9時から始まります。

 

夜中のうちに申込みをしていれば、遅くともお昼までにはその結果が出るでしょう。

それが平日であれば、銀行振り込みで口座まで借りることも可能です。

 

平日以外やすぐに現金で必要な場合には、審査結果が出た後にそのキャッシング会社の自動契約機を利用してください。

 

自動契約機は申込みだけでなく、キャッシングカードの受け取りにも利用できます。

ネットからの申込みの後にこれを利用してすぐにカードを発行し、ATMから現金を借入れてください。

 

または、朝8時~9時の自動契約機の営業開始時間と同時にそこから申込みを行い、その場でキャッシングカードの発行を受け、現金の借入れを行うという手もあります。

インターネットからの申込みで審査結果の後に自動契約機を探すなら、この方が早いこともあります。

 

夜中にお金が必要になった時に特に何もキャッシング契約を行っていなかった場合には、このどちらかの方法で翌朝以降にすぐにお金を借りてください。

3.【プロミス編】猪突猛進でなく安全な道を探しましょう。

まずは前提として…

何の審査も手続きも行っていない方が深夜に借り入れできる業者はヤミ金だけです。

怪しい業者は、全力で回避しましょう。

 

正規の金融機関で審査が可能な翌朝まで待って、朝一番に申し込んでください。

 

続いて、深夜に借り入れする方法、手続きや注意点を書きます。

 

ここでは、 プロミス を例に順番に説明します。

 

先に自動契約機(営業時間9:00~22:00※一部21もあります。)へ行き手続きを済ませカードを発行、これで土日・祝日でも7:00~24:00までATMから引き出せます。(※ATMにより営業時間、休日が異なります。)

郵送でカードを受け取ることもできますが、自動契約機、またはカード発行前にネット申し込みでWeb契約してから手続きするとカード発行が手早く済みます。

 

契約機は9:00~22:00まで営業(※一部21時もあります。)していて便利ですが、手続きをはじめるには審査時間も含めるので21時が限度でしょう。

 

そしてそのキャッシングに必要な口座の開設、プロミスの場合は三井住友銀行 or ジャパンネット銀行です。

 

その他なら受付が14時までに申し込みをしないと即日融資が受け取れません。

お話のように即日融資が必要ならば「瞬フリ」への申込、そして24時間受け取り可能なネット銀行口座を作っておくと便利です。

 

銀行により手数料無料にできる場合もありますので調べた方がお得ですよ。

必要な書類は本人確認書類くらいでしょうか、プロミスならPC・スマホからネット申し込み可能ですのでそれ以外いらないと思います。

 

在籍確認が問題ないなら契約可能。

他の注意点は勤続年数、複数・限度額を超える借り入れ、事故歴など前科の有無です。

 

信頼できない人間では審査も通りません。

この例を抑えておけば、いざという時も落ち着いて対処できるでしょう。

 

0からの審査だとこれだけ手間がかかりますが、猪突猛進でヤミ金へ飛び込むより安心できます。

またこんな状態にならないように気を引き締めたり、事前準備しておくことも大事だと思いますよ。

4.【アコム編】深夜にお金を借りるための事前準備

まず、深夜にお金を借りるためには事前準備が必要です。

事前準備なく、いきなりお金を借りたいと考えても、まともな業者から借りることはできません。

 

夜中や深夜に即日審査してくれるような業者はヤミ金になりますので、絶対に避けるようにしましょう。

 

以下、 アコム の事前準備について記載します。

 

◆ カードローンの申し込み場所

例えば、アコムでは以下の方法で申し込みが可能です。

・店舗での申し込み

・自動契約機

・インターネット

・電話(コールセンター)

 

◆ 必要書類

 

本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証※のいずれか)

※健康保険証の場合、住民票などが別途必要となります。

収入証明書(源泉徴収票、所得証明書、給与明細1~2か月分のいずれか)

収入証明書は常に、必要なわけではなく、アコムで利用する金額が50万円を超える場合、または、他社との借入額の合計額が100万円を超える場合です。

その他、口座振替で返済する場合には、引き落としにする口座情報と銀行印が必要となります。

 

◆ お金の借り方

審査にかかる時間は30分~1時間程度です。

上記の申し込みを事前に行っておけば、深夜でもお金を借りることができます。

 

アコムでお金を借りる方法には、銀行口座への振込みとATMで借りる方法があります。

深夜に借りるということであれば、ATMで借りることになります。

 

ATMはアコムATMか各種コンビニのATMを24時間利用可能です。

各種コンビニのATMを利用する場合、金額が1万円以下なら108円、1万円を超える場合は216円の手数料がかかります。

 

◆ 最後に

申し込みだけであれば、費用は発生しません。

深夜になってからお金が無いと焦ることがないように、事前にカードローンの申し込みをしておくことをお勧めします。