現金決済・電子マネー決済・スマホ決済の3つの手段を場面に応じて駆使すると良いでしょう。

キャッシュレス決済は手軽であるため便利ですが、インターネットを介するため、ネット接続が切れてしまうアクシデントに対応できません。

従って、全ての決済をキャッシュレスにするのは危険であると指摘することができ、現金決済という手段は確保しておくべきです。

現金決済であれば、その場で債務を完済できるため、お金を使いすぎてしまうリスクは皆無です。また、現金決済しか対応していない店は依然として多いため、現金決済という手段を捨てるのは賢明な判断とは言えないでしょう。電子マネー決済は、Suica等の交通系がおすすめです。

Suica等の電子マネーは、普段電車やバス等の交通機関を利用する人にとって、簡単に乗降できるという便利な機能を持っています。また、駅やその周辺で買い物をする際、Suica等の電子マネー決済に対応している店が多いため、手軽に買い物を楽しむことが出来ます。

電子マネー決済は、スマホ決済と異なりその場で債務を完済できるため、お金を使いすぎない精神的なメリットを持っています。スマホ決済については、LINEペイがおすすめです。

LINEを利用する人は多く、LINEアプリにLINEペイ機能が入っているため、手軽に利用できます。LINEペイはキャンペーンを頻繁に行っており、決済金額20%還元等のサービスを定期的に展開しています。多くの店でLINEペイが使えるようになっているため、便利です。